住宅・不動産

センチュリーホーム

センチュリーホーム

024-947-4321

じぶんのお気に入り:
メモ: 
みんなのお気に入り:

本当の安心安全を考え、1棟1糖構造計算を行っております。

構造計算の重要性

安全で自由度が高い、お気に入りの住宅を建てるために必要なこと。

安全で自由度が高く、お気に入りの住宅を建てるには、壁量だけで強度を形成していく従来型の木造住宅ではもう限界なのではないでしょうか?

本当に必要なのは何か?を求めた結果が、全棟構造計算実施でした。

実は、木造2階建て住宅のほとんどが構造計算がされていません。
建築基準法は昭和25年に制定されましたが、敗戦後の慢性的な住宅不足を背景に、昭和34年、木造2階建てまでの住宅は高度な構造計算を行わなくても建てられるようにと、簡易計算方法として「壁量規定」を設けられたのです。
壁量を増やす対応で補っていた事実。
しかし、昭和53年の宮城県沖地震で多くの木造住宅が倒壊したため昭和56年に「新耐震基準」として壁量を増やす対応がなされました。 ところが平成7年まだ記憶に新しい阪神淡路大震災が起きてしまい、壁の量だけでは強度が確かめられないということが分かった為、平成12年に補強金物の義務化や壁配置のバランスなどの規定が追加されました。 それでも、この規定も全国的な基準で制定されているのが現状で、在来工法で考えますと、地域によって風圧力の差こそあれ、積雪に対する規定はまったく存在しません。
簡易的な壁量計算では補えないからこそ、一棟ごとの算出が必要。
近年この簡易的な壁量計算を高度な構造計算と混同してしまっているケースをよく耳にしますが、両者の違いは明らかです。その建物が建つ場所の条件に応じて必要な強度を適切に算出しなければ、本当の意味での安全ということにはならないと思われます。 しかも、度重なる震災によって制度が改正され、その都度増やされる壁量のために多くの壁に囲まれた小さい部屋ばかり出来るといった、居住性に支障をきたす住宅が増加しています。安全で自由度が高く、お気に入りの住宅を建てるには、現行法の壁量だけで強度を形成していく従来型の木造住宅ではもう限界なのではないでしょうか?
一般木造2階建て住宅であっても全棟に対して構造計算を実施しております。
壁量計算で建築基準法ギリギリクリアする建物を、改めて構造計算かけると耐力が6割から7割くらいしか無いのが現状です。しかし、どちらも違法ではありません。同じ基準法で定められた構造の規定なのですが、なぜ木造2階建の住宅だけこんな矛盾が出るのでしょうか? 法律を犯さなければよいといった安易な判断ではなく、本当に必要なのは何か?を求めた結果が、全棟構造計算実施に他なりません。

知っておきたい外断熱工法

外断熱工法って何?
住宅の断熱方法には主に、内断熱工法と外断熱工法の2種類があります。 グラスウールなどの断熱材と柱と柱の間に充慎する工法を内断熱工法。 これに対して近年、注目を集めてる建設棟数が急激に増えているのが、外断熱工法です。 これは、柱などの外側に板状の断熱材を張り、建物をスッポリ包んでしまう方法で、湿気の多いこの日本の気候風土に最も適した断熱工法です。

屋根の断熱。
夏の暑さから逃れるため、日本の家は古くから"藁葺き"で屋根断熱していました。 日本の伝統工法である屋根断熱工法と通気工法により優れた遮熱効果を発揮し小屋裏に熱がこもってしまう天井断熱と比べ、夏でも快適な室内空間を実現できます。 また小屋裏屋根やロフト、勾配天井としても活用できます。
基礎断熱
床下と土間収納として利用でき、さらに床下の温室が室内と変わらないため、足元が暖かいのが特徴です。 壁の中を室内側に開放してニッチや本棚にすることが可能。
設計に自由を与えてくれる。
外断熱にすることで、床下から屋根裏までの空間すべてを住まう環境として設計することができます。 センチュリーホームの強みでもある自由設計を可能にしているのが、この外断熱工法なのです。

おすすめのクチコミ  (現在おすすめのクチコミは投稿されていません)

投稿募集中です

※クチコミ情報はユーザーの主観的なコメントになります。
これらは投稿時の情報のため、変更になっている場合がございますのでご了承ください。

このお店・スポットのクチコミを書く

このお店・スポットをモバイルでみる

読取機能付きのモバイルなら、右のバーコードから簡単にアクセス!
便利に店舗情報を持ち歩こう!

モバイル版バーコード

周辺のお店・スポット