辛党必見!担々麺、カレー、麻婆豆腐・・・。福島県内のHOTな辛いグルメ!

みなさん、辛い物はお好きですか?夏に冷たいかき氷やアイスも食べたくなりますが、辛~いグルメを汗をかきながら食べてみるのはいかがでしょう!今回は、スパイスたっぷりのホットな辛いグルメを県内から集めました!ちょっとピリ辛から、食べるのがやっとな激辛まで・・・!?あなた好みの辛さを見つけてみて♪(編集:なな丸)

  • 更新日:2021/07/19
  • 公開日:2021/07/19
  • お気に入り数:1

辛さは後からお好みでプラス!本場韓国のビビンバ!【ㅂBビ/郡山市本町】

▲「プルコギ・ビビンバ」・・・1,280円(税込)

ㅂBビ(ビビビ)は、2021年3月にオープンしたビビンバ専門店。近年韓国ブームが起きている若い女性の方々を中心に、早くも人気を集めています!

韓国と言えば辛い食べ物のイメージが強いですが、こちらのビビンバには辛味を加えていません。「え、辛いグルメ特集じゃ・・・?」と思ったそこの辛党さん、ご安心を。本場韓国から仕入れたコチュジャンが別添えになっているのです!少しずつ足していくもよし、最初からすべて足すもよし。お好みでお楽しみください!

ビビンバは現在、全部で5種類。中でも人気の「プルコギ・ビビンバ」は、ㅂBビ特製の甘辛いタレで味付けした牛肉が、クセになるおいしさです!どのビビンバにもニンジン、モヤシ、ホウレンソウ、シイタケ・・・といった野菜がどっさり。ヘルシーかつ大満足な一品になっています!

私も試食させていただきましたが、いままでよく食べていたビビンバとは違いました!具材やお米がパラパラと、でもしっかり1つにまとまっていて、夢中で食べていました!コチュジャンもコクがあって、多めに混ぜて食べてもおいしかったですよ~!

「ビビン」は韓国語で「混ぜる」という意味。よ~く混ぜて、韓国の味をどうぞ召し上がれ!

ㅂBビ (ビビビ)

住所 〒963-8871 郡山市本町1丁目14-1 あさやビル101
電話番号 024-954-9609
営業時間

11:00~15:00

(LO 14:30)

ディナー

19:00~23:00

(LO 22:30)
※金、土のみ
※2021年7月23日(金)~2021年8月末までの営業予定です!今後変動する場合がございますので、最新情報はInstagramでご確認ください。

店休日

月、日曜日

基本情報へ

スパイスたっぷりで発汗!こだわりカレー【スパイス処サバイ/会津若松市】

▲「サバイプレート」・・・1,000円(税込)

カレー一筋15年以上のオーナーが作る、スパイスたっぷりの特製カレー!店名を冠した「サバイプレート」の主役は、10数種類のオリジナルスパイスをブレンドした「サバイカレー」です。

スパイスで作られる鮮やかな色味、食欲をそそるいい香り、ほどよい辛味が、しっかり堪能できますよ!じっくり炒めたタマネギも入っているため、辛みもありつつ甘味やコクも感じられます。そのため、辛い物が得意でなくても「このカレーは食べられる」という方もいらっしゃるのだとか!

「いや、もっと辛くても大丈夫!」という辛党さんは、大辛と激辛に辛さUPもできます。ただし!オーナーのポリシーで、旨味と辛味のバランスが取れるところまでしか辛さUPはしませんので、辛さの中の旨味も楽しんでみてくださいね!

カレーの周りには、4種の副菜と野菜サラダが付いています。特に、ナスやニンジンなどの野菜やサバを使った副菜は、それぞれ違うスパイスを使って作られているのだとか!味の違いを楽しんでカレーと一緒に食べ進めていれば・・・食べ終わる頃にはきっと体の中からポカポカしてるはず!

スパイス処 サバイ

住所 〒965-0035 会津若松市馬場町1-7 キヨミズビル1F
電話番号 080-3259-6003
営業時間

11:30~14:00/17:30~LO 20:30 ※土曜はLO 22:30

店休日

月、日曜日

営業日時の変更はSNSでお知らせしております。

基本情報へ

中国四川の高級花椒がピリッと香る!販売期間延長の好評メニュー【創作うどん はち兵衛/福島市黒岩】

▲「坦々つけうどん」・・・920円(税込)

福島市にある創作うどんはち兵衛は、店名の通り和洋中と幅広いうどんの創作メニューが揃っています。
1ヶ月半~2ヶ月のスパンで新メニューが続々登場する中、今回ご紹介する「坦々つけうどん」は、2021年3月頃に新登場。当初はGW明け頃までの販売を予定していましたが「いつ終わっちゃうの?」「まだ食べたい!」などといったお客様の声が多数集まりました!そのため、現在もまだ通常メニューと並び注文可能な人気メニューなんですよ♪

中華料理店で勤めていた経験のあるスタッフを中心に開発。こだわりの自家製ラー油のピリッとした辛さを楽しんでいただけます。また、練りゴマなど種類の違うゴマを4種類ブレンドし、コクを加えました。このままでもピリ辛ですが、辛味を足したい方は秘密兵器があります!

それは、筒状の入れ物に入った、本場中国四川省産の最高級花椒!少し掛けるだけでも、痺れるような辛味と豊かな香りがダイレクトに伝わってきます!これが掛け放題という太っ腹ぶり・・・。もちろんですが、自分の好みに合わせて調整してくださいね!

毎回冷暗所で熟成させて作る、コシのあるもっちりうどんの噛み応えもご賞味あれ!

創作うどんはち兵衛 黒岩店

住所 〒960-8153 福島市黒岩字中島6-1
電話番号 024-563-3201
営業時間

11:00~20:30

LO 20:00

店休日

無休

基本情報へ

自分好みにアレンジして担々麺を堪能しよう!【175°DENO~担担麺~福島店/福島市永井川】

▲「汁なし担担麵(白ごま、シビれる、辛さマシ)」・・・850円(税込) ※シビれマシ、マシマシ +50円/花椒三種盛 +150円/辛さマシマシ、辛さマシマシマシ +100円/激辛 +200円

辛いグルメと聞いて、担担麺が浮かぶ方も多いのではないでしょうか?福島県内にも、旨辛な一品がありましたよ~!

「175°DENO~担担麺~」は、北海道に本店を構える担担麵専門店。福島県内では唯一、この福島店で味わうことができます!

ここでは、汁あり・なし、白ごま・黒ごま、痺れ、辛さ・・・。自分好みにいろんなアレンジができる点が魅力!1番人気は店長もオススメの、白ごま(写真)。少し甘味がある黒ごまと比べ、塩気がありガッツリ食べられるそうですよ!
私も早速、白ごまの「シビれる」「辛さマシ」を選び実食。山椒や花椒で舌が痺れる辛さが心地いい!スパイスが絡んだ旨味たっぷりのひき肉や、カシュ―ナッツとエビの香ばしさもたまりません。もちもち食感の平打ち麺にタレを最後までたっぷり絡ませて、あっという間に完食でした!

そしてなんとこちらの担担麺、テイクアウトもできちゃうんですよ!お家でも味わえるなんて、嬉しいですよね♪ぜひお好きな辛さにしてご堪能ください!

175°DENO〜担担麺〜 福島店

住所 〒960-1102 福島市永井川字壇ノ腰5-5
電話番号 024-572-5351
営業時間

月〜金 11:00〜15:00/17:00〜22:00
土日祝 11:00〜21:00

店休日

無休

基本情報へ

グツグツ煮えた真っ赤な海!?土鍋で味わう本格麻婆豆腐【中華DINING BAR 龍鳳/いわき市平】

▲「土鍋麻婆豆腐」・・・1,078円(税込)

いわき駅前にある、中華DINING BAR 龍鳳。創作中華料理や、豊富なアルコールメニューが揃うお店です。今回辛いグルメで紹介するのは、オープン当初から人気が”アツい”一品!

「土鍋麻婆豆腐」は名前の通り、できたての麻婆豆腐を熱した土鍋にイン!食べ終わるその瞬間まで、熱々の状態が楽しめるメニューです。豆板醬、山椒、自家製ラー油で辛さを、そして自家製の甜面醤(テンメンジャン)で旨味をプラス!具材は豆腐やひき肉のほか、中華食材の豆鼓(トウチ)や春雨も入っています。
写真は、少し辛味を足してもらいました。一口頬張れば、熱さともにピリリとした辛味が口の中を刺激!これは、ご飯がどんどん進みますよ!辛味の調整も相談可能とのことですので、スタッフさんに気軽に聞いてみて。

こちらはボリュームたっぷりなので、2、3人でシェアして食べるとちょうどいいかも!感染対策は取りつつ、ぜひ落ち着いた店内でのお食事も楽しんでみてください。

中華DINING BAR 龍鳳

住所 〒970-8026 いわき市平字三町目37-3
電話番号 0246-22-5810
営業時間

【平日、土曜】18:00~翌3:00(LO 翌2:00)
【日曜、祝日】18:00~翌1:00(LO 24:00)

店休日

月曜日

基本情報へ

赤いスープは見た目通り激辛!?あなたは地獄何丁目までいけるかな?【田舎屋(でんしゃや)/国見町】

▲「地獄ら~めん(30丁目)※手前」・・・700円(税込) ※31丁目~50丁目 +50円/51丁目~80丁目 +100円/81丁目~100丁目 +150円

この辛いグルメ特集の取材をする中で、一番の強敵だったのはこちら!国見町の田舎屋さんの「地獄ら~めん」です!
名前はもちろん、真っ赤なスープが出て来たときのインパクトがとても大きい!
辛さ調節は30丁目までは無料。31丁目~追加料金があり、最大100丁目まで注文できるとのこと。写真は、無料でできる辛さ調節の中でもトップの30丁目。いや~なな丸にとっては、完食するまで大変苦労しました!スープを一口飲めば、辛みがガツンと来る!でも、後にはしっかり旨味も感じられ「辛い!」と言いながらもついつい飲み進めてしまいました。

その旨味の秘密は、特製”地獄ダレ”。豆板醬やラー油を独自でブレンドしています。30丁目はおよそ30gほど加えているのだそうですよ!ということは、MAXの100丁目は・・・!?
辛党の方は何丁目まで制覇できるか、ぜひお試しあれ!

「辛し味噌ら~めん(写真奥。750円税込)」もまたオススメ。こちらは一味唐辛子を加えた辛子ペーストを、スープに溶かしながら食べ進めていきます。こちらは味噌味で多少まろやかになるので、挑戦しやすいかもしれませんよ!


【お店情報】

田舎屋(でんしゃや)
住  所:伊達郡国見町藤田五反田1-24
電話番号:024-585-5185
営業時間:11:00~15:00(LO 14:30)
店 休 日:不定休

おすすめトピック一覧へ戻る