目移りしちゃう秋が来た!福島県内の「いもくりかぼちゃスイーツ」

「食欲の秋」という言葉通り、秋が旬の食べ物にはおいしいものばかり。その中でも「いも」「くり」「かぼちゃ」は外せません!
今回は県内各地のいもくりかぼちゃスイーツをご紹介。秋の味覚を、ご堪能あれ!(編集:なな丸)

  • 更新日:2022/10/05
  • 公開日:2022/10/17
  • お気に入り数:0

蜜たっぷり!とろ~りとろけるつぼ焼き芋
【農楽堂グループ 会津たらちね つぼ焼き芋 会津甘藷/会津若松市】

▲「つぼ焼き芋」・・・350円(税込)

みなさん、つぼ焼き芋をご存知ですか?その名の通り、壺でじっくり焼き上げた芋のことです。会津たらちねでは、“つぼ焼き芋伝道師”のもと修行を重ねた代表が自ら作る、おいし~い焼き芋が味わえます!

60℃~70℃に保たれた壺の中でじっくり加熱するつぼ焼き。芋の酵素の働きによりデンプンが麦芽糖(ばくがとう)に変化していく、この温度帯を最大限に長く保つことによって、蜜たっぷりの焼き芋が出来上がるのです!もちろん甘味が強く、ねっとりとした口当たりも特徴です!

会津たらちねで扱う芋は多品種。千葉県産・茨城県産のシルクスイートや紅はるか、鹿児島県産の安納芋など。9月後半になると、自家農園“あまやガーデニング農園”産の芋も続々登場!パープルシルクロード、舞妓金時など珍しい品種の芋もありますよ。収穫後、2~3カ月の熟成期間を経て、つぼ焼き芋になります。

これから寒くなってくると、温かい焼き芋が恋しくなりますよね。今年の秋冬は、つぼ焼き芋で体も心も温まりましょう~!

農楽堂グループ 会津たらちね 会津甘藷

住所 〒965-0874 会津若松市南花畑2-85
電話番号 070-2029-3505
営業時間

14:00~18:00

※予定数量がなくなり次第終了

店休日

月曜日

基本情報へ

芋とバターだけ!皮の栄養もまるごと取れる限定スイーツ!
【焼き芋 陽(はる)/会津坂下町】

▲「スイートポテト」・・・183円(税込)
※土日限定販売
※冬仕様として、見た目や包装を変更する場合があります

黄色の建物が目印の、焼き芋陽(はる)。専用の遠赤外線鍋で作る焼き芋や、芋を使ったスイーツが手軽に味わえるお店です。今回は、土日限定で販売している「スイートポテト」をピックアップ!

なんと使う材料は、芋とバター、ただそれだけ。シンプルイズベストで仕上げた一品は、砂糖を使っていないのが信じられないほど、しっかり甘いのです!元々甘味が強い茨城県産の紅はるかを使用。シンプルだからこそ、分量まで細かくこだわり、何度も試作を重ねて完成しました。

さらに、皮まで使うのが陽(はる)のこだわり。「一番栄養価が高い芋の皮までしっかり食べてほしい!」という思いから、乾燥させて粉状にした皮を混ぜ込んでいるのです!スイートポテトだけでなく、焼き芋ラテや芋羊かんなど、陽(はる)で作るスイーツにはすべて混ぜ込んであります。おいしく栄養もまるごと食べられるなんて、嬉しい限り!

お店は、11月6日にオープンして1周年!ぜひこの機会に足を運んでみて!

焼き芋 陽(はる)

住所 〒969-6557 河沼郡会津坂下町市中四番甲3796
電話番号 070-4073-7486
営業時間

11:00~17:00

店休日

月曜日

基本情報へ

ふわっと広がる栗の風味!通年味わえる人気モンブラン
【Pâtisserie L'ECRIN/郡山市小原田】

▲「モンブラン」・・・400円(税込)

「ケーキを、特別な物ではなく身近な物に感じてほしい」そんなパティシエの思いが込められたスイーツが並ぶ、Pâtisserie L'ECRIN(レクラン)。
通年販売しているモンブランは、オープン当初から人気の一品です。

タルト生地に、アーモンドクリーム、カシスクリーム、生クリーム、そしてフランス産の栗のペーストを重ねたケーキ。中にはカットした渋皮栗も入っていて、栗の香りや味を存分に感じられます。ケーキ全体の優しい甘味に、カシスクリームの甘酸っぱさがいいアクセント!これなら何個でも食べられちゃいそう・・・?!

レクランのケーキは、材料にもしっかりこだわります。県内産の濃厚な卵や、新鮮なフルーツなどを使い、季節にあった商品も登場!
ご褒美や記念日以外でも、日常の中で甘い物が食べたくなったときなどに・・・ぜひ味わってみてはいかがでしょうか!

Pâtisserie L'ECRIN

住所 〒963-8835 郡山市小原田3丁目16-3
電話番号 024-954-7588
営業時間

10:30~18:30

店休日

日曜日、不定休

基本情報へ

仕上げは動画撮影必須!ガナッシュとろける秋メニュー
【Hawaiian Cafe 魔法のパンケーキ白河店/白河市】

▲「ガナッシュとろける生モンブランショコラパンケーキ」・・・1,400円(税込)

兵庫に本店がある、Hawaiian Cafe 魔法のパンケーキ。白河店は東北で唯一のお店なのです!ふわふわ食感のパンケーキは、注文が入ってから1枚1枚丁寧に焼き上げています。

9月から登場している秋メニューは、スマホやカメラが必須な一品!
まず、ココアパンケーキに、生クリームやアイスクリームなどが盛り付けられた状態で運ばれてきます。そして!スタッフさんが機械を使って、たっぷりのマロンクリームを目の前で盛り付けてくれるんですよ~!
動画や写真が撮れたら、すぐパンケーキを切り分けてみて。パンケーキの中から、ガナッシュがとろ~りと流れてきますよ~!
ほんのりラム酒が香るモンブランクリーム、ふわふわなパンケーキ、ザクザクシリアル、そしてとろけるガナッシュ。どこを食べてもおいしい、ボリュームもしっかりあるスイーツです!

さらにランチタイムはお食事メニューも充実。ミニパンケーキが付くお得なセットもあるので、ぜひお試しあれ♪

Hawaiian Cafe 魔法のパンケーキ白河店

住所 〒961-0971 白河市昭和町155−1 ES10ビル1-A
電話番号 0248-21-7740
営業時間

11:00~18:30

(L.O.18:00)

店休日

水曜日

※祝日の場合は営業、翌木曜日がお休み

基本情報へ

カボチャ×シナモンが相性バッチリ!じっくり味わいたいスイーツ
【Sweety Shinri -スウィーティーシンリ-/福島市宮代】

▲「かぼちゃのモンブラン」・・・480円(税込)

1つ1つ丁寧に作り込まれたスイーツが並ぶ、福島市宮代のSweety Shinri。
今回は、秋時期の定番とも言える1品をご紹介します!

その名も「かぼちゃのモンブラン」は、大体8月下旬頃から登場する秋限定ケーキ。
土台には、香り豊かなシナモンサブレを使用し、ブリュレと濃厚なカボチャあんをたっぷりのせました。仕上げにカボチャクリームをON。中のカボチャあんの滑らかさと、サブレのサクサク食感のバランスもよく、ふわっと香るシナモンが大人な味わいを演出しています。これは、ゆっくりじっくり味わっていただきたい!

さらに10月1日からは「和栗」、下旬には「お芋とメープル」といったモンブランも登場!タイミングが合えば、モンブラン全種類を制覇できちゃうかも!?要チェックです!

Sweety Shinri -スウィーティーシンリ-

住所 〒960-0116 福島市宮代字明光田36-4
電話番号 024-563-1135
営業時間

10:00~19:00

店休日

水曜日

第2・4木曜日

基本情報へ

“金山赤カボチャ”をふんだんに使った3種のスイーツ
【Cream house アトリエnobuya/いわき市自由が丘】

▲(左)「金山赤かぼちゃのプリン」410円(税込)
 (中)「金山赤かぼちゃのモンブラン」453円(税込)
 (右)「金山パンプキンパイ」432円(税込)

いわき市の住宅街にある人気菓子店、Cream house アトリエnobuya。
8月下旬以降になると、奥会津のブランド“金山赤かぼちゃ”を使ったスイーツたちが登場です!

サクサクのパイ生地に、カットした赤かぼちゃやペーストをのせた「金山パンプキンパイ」。赤かぼちゃを100%使用したプリンにカラメルのジュレを合わせた「金山赤かぼちゃプリン」。
そして!今年から初登場の「金山赤かぼちゃのモンブラン」は、サクサク食感のサブレとメープル香るマドレーヌに、赤かぼちゃのペーストやクリームをたっぷり重ねた一品です。

赤かぼちゃは、とにかく濃厚な甘味が特徴!口当たりもすごく滑らかなんです!アトリエnobuyaでは、ペーストにするだけでなく、わざとカボチャの食感を残すなど、最後まで飽きさせない工夫が凝らされていますよ。

赤かぼちゃを使ったスイーツは11月頃までの販売予定ですが、なくなり次第終了!ぜひお早めに、ご賞味くださいね~!

Cream house アトリエnobuya

住所 〒970-8047 いわき市中央台高久1丁目13-2
電話番号 0246-38-8491
営業時間

09:00~18:30

店休日

水曜日

第3木曜日
※水曜日が祝日の場合は営業

基本情報へ

クチコミで聞いた!「いもくりかぼちゃ」もチェック!

この記事に関連するタグ

おすすめトピック一覧へ戻る